« Jaquiski Tartt Heads to IR | メイン | Week 16 VS Chicago Bears »

コメント

rasokoke

私がGMなら仮に条件が1巡だとしてもMullensを手放すことはしませんね。チームとしてはGaroppoloに絶対の信頼を置いたからこそあれだけのオファーを出したはずなので、彼が活躍してくれるのがベストだと考えているでしょうが、チームの勝ちより優先されることがあるはずはありません。Garoppoloがベストな状態で復帰できるという保証がない中では、少なくとも1年は2人を競争させつつMullensの成長に期待するべきだと思います。
首脳陣にとって最も重要かつ困難な仕事は「勝てるQBをつくる」ことであって、そのためにはあらゆる犠牲が払われるべきでしょう。 

kouji

Garoppoloが来シーズン期待通りに結果を残せるかわかりませんからね。
Mullensは手放さないほうがいいと思います。

黄金郷

黄金郷です

49ersがGaroppoloと交わした契約のことを考えなければなりません。49ersは今年の始めに「Garoppoloに一点張り」して大勝負に出たのです。来年Garoppoloが不調だとしても、そこで彼を切ることはできないでしょう。Garoppoloとの契約は2022年までありますが、Mullensとの契約は来年で終わります。

QBが2人いてうまく行ったのは最近ではEaglesですが、あそことは事情が異なります。EaglesのCarson Wentzは今年の年俸(キャップヒット)が$7,275,365、Nick Folesは$13,600,000。合わせて約$20ミリオン。Wentzが契約更新する時にはFolesはいなくなるでしょう。

一方Garoppoloの今年の年俸は1人で$37Mです。Mullensは今年が$395,290で、来年が$570,000。たとえば、来年Garoppoloが復帰して全試合に出るとします。するとMullensはERFAテンダーオファーしないとUFAになるので、去年のJimmy Garoppoloのような状況になります。今年の活躍だけで2020年のMullensに先発級の年俸が払えるかというと、少なくとも49ersはできないでしょう。

今のMullensは「他で先発でやりたい」という気持ちでやっているはずなので、GM John Lynchとしてはその可能性は否定しないと思います。

他所のチームのQB事情は分かりませんが、今シーズン終了後にドラフト1巡を出してMullensを取りに来るチームはないでしょう。とりあえず49ersに残留して、来年のキャンプからシーズン前半で先発QBが怪我したチームにトレードされるというのがハッピーシナリオかな。

この記事へのコメントは終了しました。

NFC西順位表2019

  • W L T Pct

FA Tracker 2019

  • FA Tracker 2019
    FA Tracker 2018
    新加入
    POS Name
    K Jonathan Brown CIN
    LB Kwon Alexander TB
    LB Dee Ford * KC
    RB Tevin Coleman ATL
    WR Jordan Matthews PHI
    LB David Mayo CAR
    P Justin Vogel GB
    CB Jason Verrett LAC
    退団
    POS Name
    P Bradley Pinion TB
    DE Cassius Marsh -
    WR Pierre Garçon -
    G Garry Gilliam -
    DT Earl Mitchell -
    再契約
    POS Name
    S Antone Exum
    K Robbie Gould
    LB Elijah Lee
    LS Kyle Nelson
    LB Mark Nzeocha
    G Mike Person
    DB Jimmie Ward
    RB Raheem Mostert

    *はトレード

AdSense49ers

2019年3 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Ad49ers

Opponents2019

  • Home Away