« 2019.04.02 Smackdown | メイン | 2019.04.08 RAW »

2019-04-07

コメント

Strawmanはアンドレ杯初優勝ですよ
RAWタッグ王座戦は『番組内』では発表されてませんでしたが、公式サイトやTwitterなどのSNSではちゃんと公表されてたので、事前発表は一応ありました
Mysterioはこの前のRAWで怪我してたらしいので、一応心配だからみたいな感じで試合時間短かったんじゃないですかね
あと女子王座は総取りなだけで、統一ではないそうです

管理人さんの技が少ない=試合が下手という認識はどうかと思います
間の取り方や表情なども試合の上手さの要素ですのでそこも注意してみるべきではないでしょうか

カートの引退試合の相手がコービンとかふざけとる。
私も含め大勢のファンはシナを期待してたに違いない。もしくは他のビッグネーム。
シナのデビュー戦はカートが相手だから、カーの引退試合はそのシナが勤めるべきだった。
ワンチャンサプライズでコービンを何らかの形で試合不能にして、代わりにシナが試合に出るのを期待してた。しかも、コービンに負けとるし。納得いってない人は多いはず!
最近の引退試合だと
・リック→HBK
・JBL→ミステリオ
・HBK→テイカー
・ゴールドバーグ→レスナー
・カート→コービン 明らかに不釣合いw

WMって時代の1ページやキャリアの集大成みたいな名場面がこれまであったけど
今年はコフィとベッキーが一応それなのかな…
でもストーリーのせいか、通常営業がグダグダだからか、WMそのものが長くて間延びしたせいか、ネットの発達のせいか、カートの引退試合の扱いがぞんざいなせいか

ウオッ!!勝ったよ!!みたいなのが無くてなんか『WM感』が過去イチ無い
明日から始まる数年ぶりの通常営業を頑張ってほしいです

トリプルHは昨年見たときよりも腹回りが全盛期に近い状態でシェイプされていたのは称賛したい。あそこまで身体を仕上げたなら、もっとクオリティの高い相手と闘いが出来てたのでは、と思った。

コービンをプッシュする方法は他にも選択肢はあったはず。「カートの引退試合に勝った」という勲章をやるほどの男かなぁ?

ワル学王のシナに客席は歓迎ムードだったんだし、アライアスに絡むなら、あれで良いでしょう。でもボストンっ子のシナがヤンキースのジャージとキャップを身に付けてたのは、ローカル視点では複雑ではなかったか?それが許されたのはWMだからだろうけど。

良い試合も多かったですが、仰る通りさすがに長すぎて、その分ひどい試合も目立ってしまった感じですね。「全部盛り」しすぎた感があるというか、ちょっと勿体なかったなぁ、と。タッグマッチが概ね盛り上がっただけに…

Kofi の戴冠が一番のハイライトになりそうですが、彼自身もそうだしここ数年一貫したギミックでWWEを盛り上げてきた New Day が報われた感があります。試合内容もよかったし、諸々ありましたが終わりよければ…という感じでは。

あと Shane はもちろんですけど、個人的には今回 The Miz のがんばりが見逃せないです。マイクが一級品なのは周知の事実ですが、レスリングでも Shane の無茶っぷりに付き合いつつ、これまで見なかった「ぷっつんモード」に入って、よく暴れていたなと。彼の生涯最高試合になったと思います。

確かに試合数は多過ぎですよね😢何故ここまで、試合数を増やしてしまったのでしょうか?せめて10試合ぐらいにするべきでしたね😅

試合数が増えたのはブランド分割によってタイトルが新設されたことが最大の原因でしょう。これによって女子王座と男子タッグ王座がブランドごとに増設され都合2つのタイトルが増え、さらに統一タイトルとはいえ女子タッグ王座まで新設された。

WWE王座、ユニバーサル王座、US王座、IC王座、RAWタッグ王座、SDタッグ王座、RAW女子王座、SD女子王座、女子タッグ王座、クルーザー級王座と計10個ものタイトルがあるわけです。そしてタイトルが増設された理由はメインロースターが比例して増えたからではないかなと。

NXTでも選手が増えてきてタイトルを新設しているくらいですから、近年のWWEによる選手の乱獲は凄まじいものだと改めて思わされますね。

>>ウさん
でもベッキーは手数の少なさが試合の下手さに繋がってる典型だと思います。
ラウジーも昨年の極悪夫婦や今年のシャーロットみたいな介護がないとベッキーほどの下手くそではないにせよPPVクラスのメインは厳しいことも証明してしまった感じですよね。

そもそも今年のマニアはカードが全体的に微妙なものが多かったと思うんですよ。まあ究極面白ければいいんでしょうけど。
特にUSとICはここ数ヶ月何回もやってる(タッグ等も含めれば)組み合わせですし。やっぱりジョーはオーウェンズとやって欲しかった。

加えてほとんどの試合が予想通りの結果だったのもなんかなあって感じで。
ただコフィの王座獲得は良かったと思います。

Jabroniです

今回はいろいろと不手際があったようです。申し訳ありません。皆さんも書かれているように、時間が伸びて試合数も増えたので、チェックが大変です。この上Smackdownが3時間なんて冗談じゃないという感じです。

「技が上手い」「手数が多い」は私の趣味ですが、レスラーを評価する時のベースにしています。もちろん、人それぞれ趣味や評価基準があっても構わないです。このブログでは一応首尾一貫しているつもりなので、読者の皆さんも分かってくれているとは思います。

Kurt Angleの引退試合の相手としてJohn Cenaというのはアリだったかも知れませんね。ただ今回の登場の仕方を見ると、やはり「後頭部問題」が深刻なのではないかと想像します。CenaはGMをやりながら植毛手術するしかないのでは?

Jabroniです

CenaがYankeesのユニフォームを着ていた件ですが、Babe Ruthがネタになっていました。ただ、Dr. of Thuganomicsがどういうキャラだったか全く覚えていません。例によって喋るのが早いのでよく聞き取れませんでした。彼はBostonがホームタウンですが、それこそユニバースな存在なので、こういう時は地元に媚びることをしてきます。

ちなみにアンドレ杯に出てきたColin JoltがCleveland Brownsの13番のジャージを着ていましたが、これはOdell Beckham Jrという選手のものです。Beckhamは今年New York Giantsと喧嘩別れして、Brownsにトレードされた選手。Cenaとは逆に地元のヒートを買うための行動ですね。

今年のカード見て大丈夫なんだろうかと思ってましたが、なんだかんだで面白かったです。

KofiとDBの試合は観客も一緒に試合を作って盛り上げたって感じでしたね。綺麗に技を決めてくれって場面もありましたが、最後は頑張ってきたKofiが報われて良かったと思います。

HawkinsとRyderも久々に王座取れて良かったですね。ただRyderは前回IC取ったときすぐ陥落したので、そこが心配です。

Kurtクラスであれば引退試合は対戦相手、勝ち負けぐらいは決められると思うのでこの試合はKurtが望んだ結末でしょう。大きな試合を望まない引退もいいと思います。

ワル学博士のシナはロックとの抗争以来ですかね。純粋にカッコいいと思いました。ナッツ懐かしいですね。ロックのときはナッツありましたっけ?コールにはAAではなくFUと言って欲しかったですが、言うなって言われてるんですかね。

ブライアンが防衛したらシェイクアップで王座入れ替えもあるかなと思ってたんですけどねえ。

個人的にはここ数年で一番ガッカリなWMでした。
今までは何だかんだで「さすがWM!」って思えたけど、今年は全然…
コフィの試合だけはメッチャ感動したけど、試合として良かったのはこれとミズvsシェイン。
あとはワル学シナの「FU」は超良かった笑
でもやはり全体的にはピークを過ぎた人や試合が多かった印象ですし、女子王座もWMメインとしてはやや弱かった、それにこんな第1試合であっさりレスナー陥落させるならこれまでのレスナー王者時代は何だったの?と思いました。
前夜のHOFのセキュリティ問題も含め、いろいろと問題が多すぎた上に遂にいろいろと爆発しちゃったなというのが正直な感想です。
繰り返しになりますが、コフィの王座戴冠は本当に良かったです笑

現地観戦をしましたが、流石にイベントが長過ぎる。8万人の帰りの電車がない。女子タッグやアンドレ杯、女子バトルロイヤルなどやる必要があったのかと。それにKurtの引退はやはり納得行かない。女子のメインイベントも、これから先も可能性あるというのなら、まだメインを飾るレベルにはないと。Beckyの人気はバブル的でいつ弾けるか分からない。やはりWMのメインは男子がやるべきだなと

NXTテイクオーバー見てから来ました。両方合わせて10時間越え!長すぎるよ!!
皆さんの言うとおり、Kofiの試合が一番良かったです。ダニブラのいいラスボス具合&ニューデイの絆が演出された最高の試合でした。ShaneとMizのはちゃめちゃな戦いも、実況席破壊された日本語実況のフナキ達が楽しそうだったので何よりw
CorbinのY can't see me に対して意趣返しすらできないまま負けてしまったKurtの引退試合、シールドの結束や揺れ動くアンブロとの関係をまったく盛り込めなかったReigns戦なんかは最悪でした。女子王座も期待はずれ。NXT女子王座戦は出場4人のポテンシャルを存分に生かしたいい試合だっただけに残念でした。

NXTが全試合完成度の高い試合を作り上げたのとは対照的に、1軍の試合は完成度に差がありすぎ。もはや恒例となったNXT>WWEの逆転現象をまじまじと感じたPPVでした。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

WWEを真面目にみる

2019年7 月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

AdSenseWWE

WWE関連リンク

  • WWE - Homepage
    WWE本家のページ
  • WWEShop
    アメリカ本家のオンラインショップ。人形、ベルト、ゲームなど。
  • WWE Japan Shop
    日本のWWEショップ
  • Wrestling Heart 世界のプロレス
    WWEに限らず、日本、アメリカ、メキシコのプロレス情報。
  • WWE Live Headlines
    WWEの試合、情報を伝えるブログ
  • @typepad
    Typepadにトラブルがあると、このページが見えていても記事が更新できない、コメントが投稿できないことがあります。そういう場合は、typepadのTwitterアカウントに情報が流れることがあります。ちなみに、英語だけです。

AdSenseWWE2

最近のコメント