« 2017.07.24 RAW | メイン | 2017.07.31 RAW »

2017-07-25

コメント

シナvsナカムラは多分引き分けになって、3スレッド戦になるだろう。

ジェリコは確かに体型は崩れたが、裸を晒して試合をしてるのは彼のプライドですね。昔も今もジェリコだという意思表示だと思う。

はい、間違いなくShinsuke Nakamura本人でございますとも
彼はキャリアの最初期に会社の要請でMMAの対戦をさせられ
その影響で地味なキャラクタ、地味なムーブ構成の時期が
ずっと長かったんです
MMAでは使えてもプロレスでは使えない技術は一杯ありますから
09年頃にヒールターンして開き直って、先輩レスラーに不評だった
クネクネした振舞いや、当時プロレスでは禁じ手だった
顔面へのガチな膝蹴りを積極的に取り入れ
今のNakamuraの原型が出来上がりました
あの気持ち悪い動きはMichael Jacksonに影響を受けた
みたいな勘違いをされてますが
元々打撃ありの試合で脱力を意識するために
取り入れたものなんです、前述の先輩レスラーから
「それ気持ち悪いから止めろ」ってずっと言われてたらしいです

でもそんな40代後半の Jericho が、Lesnar より試合に出てストーリーを動かして、試合では Orton より技を受けて盛り上げてるんですよね。彼の方がよっぽどプロだと思いますよ。

シナは確定で挑戦するでしょうが、中邑はコービンともう一戦か挑戦か…。
コービンも入れて4wayマッチにして、試合でシナが勝った後にコービンがキャッシュインですかね。
マハラジャにキャッシュインしても注目はされないし、まず中邑は王座を獲るにはまだ早すぎるでしょうしね。
けど仮に4wayにするならジグラーを入れてもらいたいかも。

学生時代はインディーから女子プロレスまで追いかける生粋のプロレスマニアで、LLPW(日本の女子プロレス団体)の旗揚げ当時のメンバーを暗唱できるとか生粋のプオタが中邑真輔ですからね。
MMA時代の地味な関節スタイルから模索して現在のスタイルに至ったのは彼の努力とプロレス脳の賜物であるとは思います。
ただ、中邑のファイトスタイルが基本的にハードヒットなので、技を受けてくれる相手か張り合ってくる相手じゃないと輝かないのが辛いところです

流石に来週のシナvs中邑が不完全決着で3wayとか4wayってのはないと思います。まったく同じことRAWがやってるので。
やはり中邑はまだ早いと思うので今回はシナで良いかな。注目はされないだろうけど笑

マハル落ちてくれよ…。ファンのためにも消えてくれ。

インド系ギミックならDamien Sandowが好きです
正直、生粋のアメリカ人である彼がなぜインド人という事になったのか
経緯はさっぱり分からないんですが
彼が解雇を免れて今のMahalのポジションに就いていたら
もうちょっとMahalと違ってブーイングを受けつつも愛嬌が残る
キャラクタになってた気がするんですけどね

Jabroniです。

Damien Sandowのインドギミックって何ですか?

> 元々打撃ありの試合で脱力を意識するために取り入れたもの

それなら酔拳をやれば良かったのに。

>Damien Sandowのインドギミックって何ですか?
昇格前はファーム団体で
軍の大佐やったりインド人レスラーやったりしてた筈です、確か

>それなら酔拳をやれば良かったのに。
酒飲んで暴れるキャラクタは偉大な先人がいますから、ハゲの。

ふと思ったけどMahalとGreat Khaliって「史上最低の世界王者」の座を争ってる2人じゃねえか

まさにその通りですね。
マハルとカリ今すぐプロレス辞めてくれないかな。

Jabroniです

>酒飲んで暴れるキャラクタは偉大な先人がいますから、ハゲの。

SCSAは試合が終わってから飲んでいたから。実際Nakamuraの挙動不審ぶりは、アメリカ人なら「薬でもやってるんじゃないか」と思うレベルではないかと心配になる。

youtubeの中邑の後ぐらいから、キンシャサがフィニッシャーになって、それから今のスタイルになったんですよ。デビュー当時は、総合格闘技スタイルを前面に出した、しょっぱい感じでしたが、15年かけてキャラクター、スタイルを確立させたわけですね。
デビュー当時から見てますが、ここまで変化できたレスラーは中邑以外といないって感じです。

ちなみにアングルが持っていたベルトは、もともと新日本プロレスに参戦したブロックレスナーが戴冠し、契約問題で持ち逃げし、非公式にアングルに負けて、アングルが戴冠していたものです。(レスナーと中邑は対戦したこともあります)

単純にシナ対中邑のカードが組まれることを凄いと思う
シナがパートタイマーになる前だったら良かったのに
ただ試合としては噛み合わない気が(-_-;)

遅ればせながら川柳を見て映像観てきましたが・・・確かにw
しかし周囲がアレなんでマシに見えてしまったのです(´・ω・`)

面白いなぁ、今の挙動不審な中邑が人気になったのも、総合逆輸入塩レスラー中邑真輔(と当時から暫く言われていた)時代からのギャップもあるだろうけど、逆から辿ると衝撃的なものなんですね。

ただ、酔拳は無い。
地雷臭がすげぇ…モルデカイより滑りそうだ(笑)
酒飲んで暴れる偉大な先輩ならSCSAよか、スコットホールじゃね?色んな意味で大暴れしてたし。まぁ、悪い見本だけど。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

AdSenseWWE3

Powered by Typepad

WWEを真面目にみる

WWE関連リンク

2017年8 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AdSenseWWE2

最近のコメント