« Free Agent Acquisitions by John Lynch | メイン | DB Coach Jeff Hafley Out »

コメント

rasokoke

獲得(喪失)ヤードに対して得点(失点)のスタッツが悪いというのは、弱いチームの典型だと私は思っているのですが、今シーズンはそれが特に顕著でした。最大の要因はターンオーバー差の悪さだということは明らかなのですが、先発QBが早々にいなくなったことを考慮しても-25という数字はHC以下コーチ陣の責任が大きいと言わざるを得ません。私がそう思う理由は、毎年このスタッツが良いSeahawksが今年も1位(+15)であるという事実です。ディフェンスは練習時からもっとアグレッシブにボールにアタックし、結果オフェンスプレーの精度が上がるという好循環を生み出すことが必要でしょう。
黄金郷さんはパスラッシュの弱さを度々指摘されていますが、サック数だけを見れば決して多いわけではないが悲観するほど悪い数字ではありません。Patriotsは49ersより7個も少ない(30位)ですが、堂々プレーオフ進出を果たしています。今シーズンに限っていえば、パスカバーの方により問題があったと見るべきでしょう。
現時点でLynchのことを評価するのは時期尚早かと思いますが、首脳陣の留任が決まった以上Lynch、Shanahanにとっては間違いなく来シーズンが勝負の年になりますね。

レオ

まずは早速弊リクエストに答えて戴きありがとうございます。ShanahanとLynchが入った時には2人共頭が良さそうなので期待しました。ShanahanはQBいないから不運なのかもしれない。でも、もうちょっと勝てない?Lynchで良かったのはKittleぐらいか。Garoppoloは1年見てないから評価するのはまだ早いと思う。
ThomasはLynchの大学で有名になる前からの知己で私情が入ったのではないか。今彼は家族の死去でPTSD気味。来年に期待です。
LynchはDENでスカウト研修して、SFでは回りを優秀なスタッフで固めてると聞いた。

黄金郷

黄金郷です

Solomon Thomasは悪い選手ではないですが、1-3というドラフト指名順位を考えると期待に答えているとは言い難いです。そもそもドラフト1巡で3年連続でDLの選手を指名したのが変です。

パスディフェンスはフロントのパスラッシュと、DBのカバレージがうまくバランスしてパスを阻止するものです。今の49ersではシャットダウンCBという選手はおらず、Shermanの反対側の選手はカバーが甘すぎます。せめて、パスラッシュが厳しくて相手QBが早目にパスを投げざるを得ない状況を作れば阻止もできるのでしょうが、今シーズンはカバレージもパスラッシュも弱かったです。

ターンオーバー比が悪かったのですが、今シーズン前半に目立ったのはペナルティーの多さでした。結局のところ、ShanahanとSalehがいいシステムを作ったとしても、各ポジションに入る選手が求められるプレイをこなすレベルに達していなければうまく機能しません。つまり、選手の実力が足りなかったのでしょう。それで無理するから反則を犯すし、怪我も増えてしまう。

来期はMooreやReedやHarrisといった若いDBの成長を期待したいのですが、その前の年に採ったWitherspoonやColbertが伸び悩んだあげくに怪我してしまったことを考えると、過度な期待はしない方がいいのかも。それだけ、選手を選ぶのは難しいことなのでしょう。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

NFC西順位表2018

  • W L T Pct
    13 3 0 .813
    1060 .625
    4 12 0 .250
    3 13 0 .188

AdSense49ers

2019年1 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Ad49ers

最近のコメント

Opponents2019

  • Home Away