« 2018.12.24 RAW | メイン | 川柳で振り返るWWEの2018年下半期 »

2018-12-25

コメント

今までの扱いが結構アレだったせいか、「中邑が、WWEを辞めたがってるZigglerを連れて新日本プロレスに帰るかも?」って噂が立ってますね。

ヨーロッパツアーの看板に載っている以上、中邑は残留じゃないの?とは思いますが、US王座戦線ではOrtonの前座みたいな扱いになっちゃってたので、王座から外れることで自由に動けるといいんですが・・・

本人も渡米時に希望してたし、ここはベビーターンしてDaniel Bryanと戦ってほしいところ。Cien AlmasやMustafa Aliとの試合も楽しそう

Daniel Bryanは意識高い系周りを見下しヒールですかね。ジャパニーズスタイル含めた豊富なインディ経験を持った意識高い系ヒール…となるとCM Punkが浮かぶのですが、それこそCenaのような明確な対立軸になれそうな選手がいないと、この路線は難しそうです。

そう考えるとレスリングが下手で無理プッシュされてわざとらしいお利口さんであるCenaって、対角にいるヒールを魅力的に見せ続ける名ヒール製造機というか、貴重な存在でしたね…

中邑とAJは契約更新するのか否か次第というのは間違いないと思いますが仮に二人とも更新するとしたら中邑はフェイスターンした上でWWE王座に再挑戦するという流れになるんじゃないでしょうか?かなり判官贔屓だというのは承知していますが今のSDベビーのシングルプレイヤーで名実共に備わっているのはAJとミステリオくらいなものでヒールに偏重しているんですよね。

恐らくRRでAJはブライアンとの抗争が終わるような感じがしますし、そこに割って入れるのは誰かとすればフェイスターンした中邑が一番相応しいはず。特にブライアンが復帰前のインタビューなどで中邑と対戦したいと熱望していたので非現実とも思えない気がします。ただそうなると中邑はキンシャサ以外のフィニッシャーを考えないといけませんな…絶対に決めてはいけない相手なので。

日付では今年が最後のTVショーだから、Jabroniさんの配信がこれが年内最後でしょうか。
今年もありがとうございました。一時期病気で大変だったでしょうが、こうして戻ってきて活動されて何よりです。来年もお忙しい中大変でしょうが、楽しみにしています。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

WWEを真面目にみる

2019年10 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AdSenseWWE

WWE関連リンク

  • WWE - Homepage
    WWE本家のページ
  • WWEShop
    アメリカ本家のオンラインショップ。人形、ベルト、ゲームなど。
  • WWE Japan Shop
    日本のWWEショップ
  • Wrestling Heart 世界のプロレス
    WWEに限らず、日本、アメリカ、メキシコのプロレス情報。
  • WWE Live Headlines
    WWEの試合、情報を伝えるブログ
  • @typepad
    Typepadにトラブルがあると、このページが見えていても記事が更新できない、コメントが投稿できないことがあります。そういう場合は、typepadのTwitterアカウントに情報が流れることがあります。ちなみに、英語だけです。

AdSenseWWE2

最近のコメント